蔵王高原牧場というたったひとつの生産者から出荷されるドメーヌ(生産者単位)のブランドであること、それが蔵王牛の美味しさの秘密です。牧場環境から育て方、飼料、安全性に至るまで、生産者の強いこだわりと高い志が高い品質レベルで積み重ねられ、黒毛和牛の血統ゆえの脂の旨さと、ホルスタイン血統の野性味ある赤身肉の旨さを合わせ持つ、素晴らしい味わいの肉質に仕上がりました。美味しさとボリュームに優れた、交雑種の最高峰ともいうべき牛肉です。

ステーキ

  • 蔵王牛 シャトーブリアン 蔵王牛 シャトーブリアン

    牛1頭あたり約3%しかないヒレ肉のさらににまんなかだけの肉質の良い部分という、幻とも言うべき贅沢なお肉が、シャトーブリアンです。脂肪が少ないのに柔らかさはヒレのなかでもダントツ。繊細で、クセもない。ぜひご自分の舌でその秘密の味わいを心ゆくまでお楽しみください。

    300グラム(2枚入)16,200円(税込)

  • 蔵王牛 ヒレステーキ 蔵王牛 ヒレステーキ

    ヒレは、牛1頭あたり約3%しかないという最も高級かつ希少な部位のひとつ。脂肪は少なく、キメ細かく、とても柔らかな肉質で、ヘルシー志向の女性におすすめです。また、蔵王牛のポテンシャルを存分に楽しめる部位であり、肉本来の肉の美味しさを純粋に味わいたい方におすすめです。

    300グラム(2枚入)8,100円(税込)

  • 蔵王牛  サーロインステーキ 蔵王牛 サーロインステーキ

    その脂の美しい入り方、バランスのよさ、柔らかさから、「最高」と称えられるのがサーロイン。ステーキには最高の部位であり、その美味しさから「Sir」の称号がつけられたという、まさに牛肉の王様。蔵王牛の赤身と脂の旨さをどちらも楽しめるサーロインは、まさに芸術的な美味しさです。

    300グラム(2枚入)6,480円(税込)

  • 蔵王牛 トモサンカクステーキ(シンタマ) 蔵王牛 トモサンカクステーキ(シンタマ)

    モモ肉の中でも最高の霜降りを誇る部位で、サシのバランスがよく、見た目もロースに劣らぬ美しさでイチボと並ぶ人気者である。にもかかわらずモモ肉らしい淡白であっさりした味わいが特徴的で脂もさっぱりしており、一度食べたらやみつきになってしまうほどの美味しさを持った部位といわれています。

    300グラム(2枚入)5,508円(税込)

  • 蔵王牛 ランプステーキ 蔵王牛 ランプステーキ

    腰からお尻にかけての部位。モモ肉では特に柔らかく、旨味が詰まった部位でもあります。比較的あっさりとしているので、女性でも食べやすいと評判です。霜降りが入りにくいので、肉のキメが細かく、希少価値の高い部位です。肉質が柔らかく、脂っこさもないので、ヒレ肉に似た味のお肉。牛刺しやたたきに使われ、赤身部分を堪能できるお肉です

    300グラム(2枚入)4,860円(税込)

  • 蔵王牛 シンシンステーキ(シンタマ) 蔵王牛 シンシンステーキ(シンタマ)

    一本の芯(スジ)が通っているのが特徴。なかなかお目にかかることのない部位で肉質はきめが細かく、柔らかい弾力のあるなめらかな食感で味は癖がなく脂もしつこくないので食べやすいお肉です。上品な味わいが通好みの部位とも言えます。

    300グラム(2枚入)4,860円(税込)

  • 蔵王牛 外モモステーキ 蔵王牛 外モモステーキ

    牛の全体重を支える筋肉のため、モモの部位の中で最も運動の多い筋肉部位です。そのため、肉のきめは粗く、肉質は硬いので料理方法としては、薄切りにしてすき焼きやしゃぶしゃぶ、煮込みに使われることが多く、ステーキに使う方は少ないですが、最も使われる筋肉なので、ややかためながら、しっかりとしたうまみがあり、低脂肪&高たんぱく質で栄養価が高いのが特徴です。

    300グラム(2枚入)4,212円(税込)

  • 蔵王牛 内モモステーキ 蔵王牛 内モモステーキ

    水分量が他の部位に比べ一番多く、栄養価が高い部位。全体的に肉塊が大きく、赤身の多い部位で表面は脂肪がついているが、内側はほとんど脂肪がありません。ややきめが粗く、肉質はやや硬めですが、本来のお肉を食べるならココ!!

    300グラム(2枚入)4,212円(税込)

すき焼き用

  • 蔵王牛 ロースすき焼 蔵王牛 ロースすき焼

    ロースの肉質の特徴は、ほどよくサシが入っており、とても柔らかいということ。牛肉のコクと脂の旨みをたっぷりと味わえる部位であり、とろけるような舌触りと深い甘みを堪能できます。脂の旨さと赤身の旨さをあわせもつ蔵王牛本来の美味しさは、まさにここにあると言えるでしょう。

    300g(2〜3人用)/5,832円(税込)

  • 蔵王牛 肩ロースすき焼 蔵王牛 肩ロースすき焼

    蔵王牛の肩ロースの魅力は、なんといっても肉質のよさと風味のよさのバランスにあります。柔らかでありながら、噛みごたえもほどよく、そっと軽く噛むだけで、旨みがジュワッと口いっぱいに広がります。赤身と脂のバランスも実にちょうどよく、赤身の甘さ、脂の甘さが見事です。

    300g(2〜3人用)/4,860円(税込)

  • 蔵王牛 肩すき焼(ミスジ入) 蔵王牛 肩すき焼(ミスジ入)

    ミスジとは肩(うで)から約2〜3kgしか取ることのできないとても希少な部位。おなじ霜降りでもロースなどに見られるものとは異なり、とても細かく芸術的な霜降りであることが特徴です。まさにとろけるような食感で、赤身と霜降りのバランスも見事です。

    300g(2〜3人用)/4,212円(税込)

しゃぶしゃぶ用

  • 蔵王牛 ロースしゃぶしゃぶ 蔵王牛 ロースしゃぶしゃぶ

    ロースの肉質の特徴は、ほどよくサシが入っており、とても柔らかいということ。牛肉のコクと脂の旨みをたっぷりと味わえる部位であり、とろけるような舌触りと深い甘みを堪能できます。脂の旨さと赤身の旨さをあわせもつ蔵王牛本来の美味しさは、まさにここにあると言えるでしょう。

    300g(2〜3人用)/5,832円(税込)

  • 蔵王牛 肩ロースしゃぶしゃぶ 蔵王牛 肩ロースしゃぶしゃぶ

    蔵王牛の肩ロースの魅力は、なんといっても肉質のよさと風味のよさのバランスにあります。柔らかでありながら、噛みごたえもほどよく、そっと軽く噛むだけで、旨みがジュワッと口いっぱいに広がります。赤身と脂のバランスも実にちょうどよく、赤身の甘さ、脂の甘さが見事です。

    300g(2〜3人用)/4,860円(税込)

  • 蔵王牛 モモしゃぶしゃぶ(シンタマ使用) 蔵王牛 モモしゃぶしゃぶ(シンタマ使用)

    蔵王牛のモモしゃぶはシンタマ(内モモの下位にある球状の部分)のみ使用しています。これは、脂肪が少なめながら、細かくサシが入った、赤身の多い部分です。肉質はとても柔らかで、さっぱりとした淡白な美味しさが味わえます。

    300g(2〜3人用)/4,212円(税込)

焼肉用

  • 蔵王牛 ロース焼肉 蔵王牛 ロース焼肉

    ロースの肉質の特徴は、ほどよくサシが入っており、とても柔らかいということ。牛肉のコクと脂の旨みをたっぷりと味わえる部位であり、とろけるような舌触りと深い甘みを堪能できます。脂の旨さと赤身の旨さをあわせもつ蔵王牛本来の美味しさは、まさにここにあると言えるでしょう。

    300g(2〜3人用)/5,832円(税込)

  • 蔵王牛 肩ロース焼肉 蔵王牛 肩ロース焼肉

    蔵王牛の肩ロースの魅力は、なんといっても肉質のよさと風味のよさのバランスにあります。柔らかでありながら、噛みごたえもほどよく、そっと軽く噛むだけで、旨みがジュワッと口いっぱいに広がります。赤身と脂のバランスも実にちょうどよく、赤身の甘さ、脂の甘さが見事です。

    300g(2〜3人用)/4,860円(税込)

  • 蔵王牛 赤身焼肉 (モモ又は肩) 蔵王牛 赤身焼肉 (モモ又は肩)

    蔵王牛のモモと肩は、なんといっても「これこそまさに肉の味わい」と言うべきもの。脂肪分は少なめで、独特のコクがあります。たくさん食べても食べ飽きることがない、尽きせぬ旨さに溢れています。「赤身の美味しい蔵王牛」を味わうなら、この部位が一番でしょう。

    300g(2〜3人用)/4,212円(税込)

  • 蔵王牛 バラ焼肉 蔵王牛 バラ焼肉

    蔵王牛の赤身と脂のこってりとした濃厚な味わい。ほどよい弾力と歯ごたえ。そしてなにより、肉汁がジュワ〜っとあふれだすようなジューシーさこそがバラ肉の魅力と言えるでしょう。黒毛和牛のDNAも受け継ぐ、交雑種の最高峰・蔵王牛の脂身の旨さを存分にご堪能ください。

    300g(2〜3人用)/3,240円(税込)

切り落とし

  • 蔵王牛 切り落とし 蔵王牛 切り落とし

    蔵王牛切り落としはバラを主体としております。柔らかな赤身の旨さ、まろやかでまったりとした脂の濃厚な味わい、ほどよく歯ごたえもあるジューシーな肉質が素晴らしく、すき焼き用としてもお使いいただけます。蔵王牛の脂の甘みを堪能できる贅沢さと、優れたコストパフォーマンスが魅力です。

    300g(2〜3人用)/3,240円(税込)

塊肉

  • 蔵王牛 ヒレブロック 蔵王牛 ヒレブロック

    ヒレは、牛1頭あたり約3%しかないという最も高級かつ希少な部位のひとつ。脂肪は少なく、キメ細かく、とても柔らかな肉質で、ヘルシー志向の女性におすすめです。また、蔵王牛のポテンシャルを存分に楽しめる部位であり、肉本来の肉の美味しさを純粋に味わいたい方におすすめです。

    300g(2〜3人用)/8,100円(税込)

  • 蔵王牛 サーロインブロック 蔵王牛 サーロインブロック

    その脂の美しい入り方、バランスのよさ、柔らかさから、「最高」と称えられるのがサーロイン。ステーキには最高の部位であり、その美味しさから「Sir」の称号がつけられたという、まさに牛肉の王様。蔵王牛の赤身と脂の旨さをどちらも楽しめるサーロインは、まさに芸術的な美味しさです。

    300g(2〜3人用)/6,480円(税込)

  • 蔵王牛 モモブロック 蔵王牛 モモブロック

    蔵王牛のモモは、なんといっても「これこそまさに肉の味わい」と言うべきもの。脂肪分は少なめで、独特のコクがあります。たくさん食べても食べ飽きることがない、尽きせぬ旨さに溢れています。「赤身の美味しい蔵王牛」を味わうなら、この部位が一番でしょう。

    300g(2〜3人用)/4,212円(税込)